This page is Japanese only!


Hoshi's Junna Memories

森下純菜というアイドルシンガーが20世紀の終わりに活躍していた。 それは、世間一般の誰でもが知っているという存在ではなかったが、 地道な活動を続け5年間もの間、CD等のリリースを続けた。 彼女の活動は歌のステージ・グラビア・TV/ラジオ等幅広い分野に及び、 それなりになんでもこなせるマルチなタレントであったと思う。 そのデビュー5周年を記念する2001年3月18日渋谷QUONのライブステージに於て、 今後の自分の夢を叶えるためのステップとして台湾へ留学する事を発表する。

森下純菜と言えば、アルテミスプロモーションという事務所に自ら履歴書を 送りつけてデビューに至るという不思議な成り立ちを持っていて、 その後野間真社長の元で順調な活躍をすることになる。 彼女の魅力について簡単に語ることは難しいが(詳細は過去のindex参照) 基本としてその魅力は本人だけで構成されるものではなく、 ファンとの一体化で大きなエネルギーを発揮していたと思う。 ライブステージでは彼女の歌とファンのコールと呼ばれるかけ声の協調が素晴らしく愉快でもあった。 またフォトジェニックな活動の一面では、撮影会というものも数多く開催された。 一般にいうモデル撮影会では主催者や講師が場を仕切るのであるが、 彼女がモデルの撮影会では『モデルが仕切る撮影会』と一部で言われ、 誰が参加しても素敵なスマイルを写真に残す事ができた。 更に彼女はうさぎが好きだということでファンをうさぎと称した 『うさぎ畑』というファンクラブの存在も大きい。 うさぎ畑では年に数回ファンの集いが開催され、イベント形式の集いだけでなく、 国内はもとより香港・オーストラリア・ハワイと3度の海外旅行まで実施された。 そのような企画が成立したのも彼女のファンへの気持ちとファンからの気持ちが しっかり通じ合っていたから…だと今でも思うのである。

2001年の4月に台湾に渡った彼女だが、その後は公式なアナウンスや告知がないので 今どうしているのか?はよくわからない。 噂によると、大好きだった歌手活動やファンとの交流といったものは既になく、 新しい事務所に移籍して芸名をjunnaに変えたらしいときいている。 みなさんはどこかで見かける機会があるかも知れませんのでその時は応援してあげてください。

もはや私の知っていた森下純菜は帰ってこないようなのでこのページで想い出としてしまっておく事になる。

そんな森下純菜の活動記録をご覧になるかたは、
このページのメイン…過去のindexへどうぞ!

晴海南埠頭公園(1999.03.06)


このページは2001-10末からcounter回アクセスされたみたいです。
k_hoshi@nifty.com


Copyright (c) K.Hoshi 1997-2001

@nifty
ho4.org Japan
ho4.org